スポーツの楽しみ方

作業の合間を見つけ、事務所からほど近い長居競技場(ヤンマースタジアムの隣、ヤンマーフィールドと言うらしい)へ。

目的は『近畿アンリミテッド・パラ陸上』の観戦。
通常のパラ陸上と違って、制限なし(=アンリミテッド)。つまり健常者も障害者も同じイチ選手としてエントリーする大会。恥ずかしながら初めて知りました。

 

 

 

ホイールチェアはマラソン大会などで見る機会がありましたが、トラック競技は初めて。
下肢に障害がある選手でも、専用の義足をつけて一般ランナーと競い合ってました。
そのたたずまいも、アスリートとして、とてもカッコ良い。
トレーニングは健常者の比にならないくらい大変だろうけど、それを乗り越えた方々には感動します。

で、なんでいきなりパラの話?

先日、大学時代の後輩と再会しました。後輩といっても学部も違うし、モトクロス仲間ですかね。
彼とは卒業してからも何年かに一度、会う機会があったので、それほど久しぶりな感じもせず。

その彼が今、この義足の部品を作っているそうなのです。それも、他業種から人の役に立ちたいと転職。自宅のある浜松から、愛知を通り越して、岐阜まで3時間かけ通勤するエネルギーの持ち主。熱くない訳がありません。
とあるスポーツ有名メーカーに自社の技術を売り込み、カーボンブレードの共同開発まで。もう脱帽です。

話を聞いてると、障害者スポーツってそんなに特別なものでないんだな、と。
最近になってやっとメディアなどに取り上げられてますが、まだまだマイナー。
一度は目にしたいと思ってた矢先、すぐ近くで大会があると誘いを受け、観に行って来た次第です。
パラには「並んで立つ」「対等」と言う意味があるそうです(諸説あり?)
まさしくその通りの大会でした。障害者であっても特別扱いする必要はないのですよね(良い意味で)。

そんなきっかけを与えてくれた彼と飲んでいるときに、面白いことを聞きました。
「Sports」を日本語に訳す時に「体育」としてしまったことが間違いだと。
スポーツとは運動したり競技をするだけでなく、楽しむことも含まれています。
体を動かす楽しみ、観る楽しみなど。しかし日本人は、これが下手。特に観る楽しみ。

現在行われている自転車レースの最高峰ツール・ド・フランスは路上での観客が1,000万人を越え、メディアを通した視聴者数は世界で30億人を超えるほど。それもそのはず。
オリンピック、サッカーワールドカップに並び世界三大スポーツの一つなのです。おそらくほとんどの日本人が知らないかと。
観客が多すぎて、エライことにもなってるんですけどね

 

一人でも多くの人が、色んなスポーツを楽しめる日本になって欲しいなぁ。
いっときのブームではなく・・・

#クロスビープランニング #サイクリングパートナー #XB Planning #大阪 #奈良 #兵庫 #神戸 #京都 #和歌山 #OSAKA #KYOTO #淀川 #大和川 #初心者 #未経験者 #サイクリング #ツアー #ガイド #レンタル #レンタルバイク #レンタサイクル #自転車 #ヒルクライム #ノルウェー #十三峠 #葡萄坂 #淡路島 #アワイチ #琵琶湖 #ビワイチ #しまなみ海道 #篠山 #サポート #ロードバイク #マウンテンバイク #クロスバイク #子供用 #Bed&Bicycle #大和川 #サイクリングロード #住之江 #八尾 #柏原  #TDF #ツール・ド・フランス